性嫌悪障害

年々カップルのセックスレスが多くなっていますが、
その原因になっている1つが『性嫌悪障害』と呼ばれているものです。
性嫌悪障害というのは、
性行為や性的な事に対してかなりの嫌悪感を感じる症状で、
嫌悪感と言えば個人で感じ方が違いますが、
性嫌悪障害の嫌悪感はそれ以上で、“性交恐怖症”に近いらしいです。
これが発症するのは女性で、
過去の性的な虐待やセクハラなどでトラウマになり、
性嫌悪障害になっていくそうです。
しかし、最近では男性の患者が増えてきたそうです。
その原因は年代ごとで違うのですが、
ここでは30代について紹介します。
この世代に草食系の男性が多いらしく、
女性からの性行為のアプローチにも嫌悪感を感じたり、
過去の性行為の失敗がトラウマになって性嫌悪障害になるそうです。
私はこの嫌悪感は分からないので何とも言えないのですが、
つまりは風俗が利用できない!という事。
私もその内発症するのではないかと不安ですが、
それに負けないよう、今のうち高崎 デリヘルの女の子と遊びつくします!
聞いた話ですが、この症状を克服するためには、男性は風俗でリハビリをし、女性は群馬 デリヘル 求人などの風俗で働くといいそうですよ。